名東クリーン防水
超速硬化ウレタンによる防水施工で工期短縮:名東クリーン防水
「超速硬化ウレタン」の特長
工期短縮・省力化
硬化が極めて速く、吹付け後3分で歩行が可能で、短時間で塗膜の積層ならびに次工程の施工が可能な為、工期を大幅に短縮できます。

機械施工による高精度・高品質
吹付け機械が材料温度・配合比・混合・吐出などを管理する為、均質で精度が高く高品質な塗膜が得られます。 機械が材料を地上から圧送するので、材料を荷揚げ、荷降しする必要がありません

あらゆる場所への施工
硬化が速く、短時間で塗膜を連続積層可能な為、傾斜面・垂直面・天井面・球面にも垂れずに自在な膜厚でシームレスに一定の膜厚で塗膜を形成することが出来ます。

優れた塗膜性能
建築用塗膜防水材JIS 6021が定める規定値の3倍以上の抗張積を示す為、防水工法として補強布なしの密着工法が可能です。さらに材料中に有機溶剤を含んでいない為、建築基準法28条の2「居室内における化学物質の発散に対する衛生上の処置」に定めるホルムアルデヒド放散等級「F☆☆☆☆」(使用規制外)に登録されています。
基本性能である防水性はもちろんのこと、耐久性・耐磨耗性にもすぐれているので、一般車両やフォークリフトに対応できる仕様も施工可能です。

ページトップへ
「超速硬化ウレタン塗膜吹付工法」の主な種類
[超速硬化ウレタン] 一般密着工法
ウレタン塗膜工法ではスタンダードな工法。
施工面に防水材を密着させ、躯体を保護します。
一般密着工法

[超速硬化ウレタン] 通気緩衝工法
通気緩衝シートとウレタン塗膜防水層を積層させた絶縁式複合防水。
通気緩衝層が通気により防水層のフクレを防止するとともに、クラックによる防水層の破断を防ぐ(ゼロスパンションテンションの緩衝)工法。
通気緩衝工法

[超速硬化ウレタン] 機械固定工法
既設下地を撤去せずに、専用絶縁シートを被せて固定金具で固定して新たな下地を形成する、環境に優しい浮かし張り工法。
防水改修工法の選定に関わる既設の防水層の種類に左右されることなく施工可能で、既設防水層を残す為、工事中の漏水事故を防ぎます。 専用絶縁シートを専用断熱ボードに代える外断熱工法も可能です。
機械固定工法

[超速硬化ウレタン] 金属防錆工法
金属屋根や鉄骨階段への施工が可能です。
吹付工法なのでシームレスな塗膜を形成、複雑な形状にも対応して金属表面の酸化劣化を防ぎます。 金属屋根の雨音や鉄骨階段の靴音を低減する他、遮熱仕上げ材を使用して金属屋根の温度上昇を抑制することが出来ます。
金属防錆工法

[超速硬化ウレタン] 高耐久工法
高硬度・高強度の材料との組み合わせにより、どんな形状の下地でもシームレスで下地追従性が良く、強靭で防滑性に優れた画期的な塗膜を形成します。
押さえコンクリートやアスコン等の保護層を必要としない露出工法なので、建物の大幅な軽量化が実現します。また露出工法の為、万一防水層が破損した場合でも、容易に補修が可能です。
高耐久工法

ページトップへ
(C)2008 MEITO CLEAN WATERPROOF